ジャコウネココーヒー 通販 販売 値段 おいしい飲み方・入れ方もご紹介

ネコちゃんのお腹の中を通ったコーヒー・・・これは飲んでみたいですよね!

★このコーヒーを語るには、まずはややこしい名称の問題から入る必要があります。そうでないと、いろんな呼び方があってなんだかわけがわからなくなるからです。

 

★まず、「ジャコウネココーヒー」という名称があります。これは文字通り動物のジャコウネコが排泄したコーヒー豆から出来たコーヒーなので、このように呼ばれています。

 

★次に、「シベットコーヒー」という呼び方もあります。シベットとは英語のcivetのことで、civetとはジャコウネコの意味です。フィリピン産のものを「シベットコーヒー」と呼ぶのです。

 

★そして、映画でお馴染みの「コピルアク」です。このコピルアクはインドネシア語で、英語に直すとcivet coffeeとなります。

 

★つまりですね、これら「ジャコウネココーヒー」と「シベットコーヒー」と「コピルアク」はすべて同じコーヒーのことを指す名称なのです。意味するところはジャコウネコのコーヒーということ。

 

★さて、ややこしい話はこれくらいにして、本題に入りますが、このジャコウネココーヒーは、その名の通り、ジャコウネコと大いに関係のあるコーヒーです。

 

ジャコウネコは、最も熟したおいしいコーヒー豆のみを食べるという習性があり、お腹に入ったコーヒーの実(果肉)の中のコーヒー豆(種)がジャコウネコの体内で消化されずに、酵素の働きや発酵によって、独特のすばらしいアロマを加えられて排出されます

 

★その排出された豆を洗浄、分別することによって出来るのがジャコウネココーヒー=シベットコーヒー=コピルアクなのです。

 

近年、ジャコウネコの個体数の減少によって、ますますその供給量が限られ、価格も大変高価なコーヒーとなっています

 

★もっとも、ジャコウネコが食べるコーヒーの種類は常に同一種のモノではなく、また、フィリピンとかインドネシアといった地域によっても違ったコーヒーを食べるわけです。

 

★だから、ジャコウネココーヒーと言っても、常に同じ品種のコーヒー、同じアロマ、同じ味のものとは言えないのですね。

 

★このページでご紹介しているジャコウネココーヒーは、最高級といわれるアラビカ種のもので、他と比較しても、これこそが究極のジャコウネココーヒーと呼べる品種です。

 

★何と言っても、香り(アロマ)が究極です。ハワイのコナコーヒーとか、お馴染みのブルーマウンテンとか、世界には素晴らしいアロマのコーヒーがあって、それぞれ「最高」と呼んで差し支えないコーヒーだと思います。

 

★でも、みなさん。ネコちゃんのお腹の中をくぐり抜け、発酵によって熟成されたアロマを放つコーヒーが、ジャコウネココーヒー以外にあるでしょうか?

 

★そうなんです。まさに、独特なんですね。唯一無二の味と香りとはこのコーヒーのこと

 

味の特徴は、一言で言うなら<雑味がない>・・・これに尽きるでしょう

 

★いや、ブルーマウンテンだって雑味はないですけど、それとはまた別の純粋さ、ピュアなところがある味と風味なんですね。

 

★お願いだから飲んで欲しい。

 

★お値段からいって、毎日飲むコーヒーとしては高級すぎるのはわかります。でも、一度は飲んで欲しい。そういうコーヒーです。

 

ジャコウネココーヒー通販サイトへ

ジャコウネココーヒーのおいしい飲み方・淹れ方

(※)基本的に、普通のコーヒーの入れ方と同じです(笑)

<1>ペーパードリップ

一番手軽で美味しいのが、ペーパードリップです。
中から中細挽きぐらいに挽いてください。
お湯は、90-95℃が適切です。
最初、粉を蒸らすように全体にお湯を注ぎ、30秒ほど待ってから、何回かに分けて残りのお湯を注ぎます。

 

<2>金属フィルター

ペーパードリップと異なりコーヒーオイルも適度に透過するので、豆の個性がより強く出ます。
シベットコーヒーを味わうには良い方法です。
粉は中挽き程度が適切です。
最初に蒸らしてから何回かに分けてお湯を投ずのはペーパーフィルターと同じです。

 

<3>コーヒープレス

最近ではコーヒーもこのコーヒープレス(フレンチプレス)で入れるケースが増えています。
紅茶をいれるあの器具と同じです。
豆は中粗挽きぐらいが適切です。
お湯は沸騰したものを注ぎましょう。
最初に粉を蒸らすために少量注いで30秒ほど待ちます。
その後残りお湯を注ぎます。ふたをして待ちます。
時間は最初にお湯を注いでから3−4分。
好みに応じて時間調整をしてください。
時間が来たらフランジャーを下げて出来上がり。
多少濁りが出ますので、好みは分かれますが、このコーヒーの個性も際立ってきます。

 

<4>サイフォン

手間はかかりますが、このコーヒーのおいしさも際立つ淹れ方がサイフォンです。
粉は、中細挽きにします。
サイフォンをお持ちの方は、サイフォンでの淹れ方が書かれていると思いますので、それに従って淹れてください。
かき混ぜにはかなりの習熟が必要ですが、それを楽しむのもサイフォンで淹れる楽しみです。
うまく淹れると、コーヒーオイルが混ざり、際立つアロマを楽しむ事の出来るコーヒーが出来上がります。

 

ジャコウネココーヒー通販サイトへ

ジャコウネココーヒーの評判・口コミの声

Iさん 女性OL 28歳  都内在住

 

・コーヒーは好きですが、実はミルクや砂糖を入れて飲む派で、邪道です(笑) 。

 

・高級なコーヒーはあまり飲んだ事がありません。

 

・最高級コーヒーと聞いて飲んでみましたが、 飲みやすい印象でした!

 

苦みはあるんですが、えぐさがなく、 スッキリしている感じです。

 

・始めにブラックでトライしてみて、全然飲めました。

 

・2杯目は、失礼ながらミルクを入れてみました。 (高いコーヒーなので、植物性のコーヒーフレッシュではなく、乳製品を使いました)

 

・高級なコーヒーにミルクはあんまり良くないのかもしれませんが、 ちょっと濃いめに入れたのでコクがあってすごく美味しかったです。

 

Sさん 男性会社員 34歳  都内在住

 

・このコーヒーを飲むために、手動のコーヒーミルを買いました!

 

・まず、開封した時点で立つ香りがかなり強かったです。会社では、コーヒーを豆から入れる事も多いので、コーヒー豆の香りは嗅ぎなれているはずですが、かなり強めだと思います。

 

・ジャコウネコの体内で、酵素による発酵・・・とききましたがかなりスッキリした味でした。

 

・ちょっと特殊な匂いとか、風味があるのかと想像していたのですが、どちらかというと「雑味がない」という印象が強いです。

 

・コーヒーは飲みものとして好きですが、今や美味しいコーヒーはコンビニでもそこそこの物が買えます。

 

・このコーヒーは、封を開けるところから始まり、 香りを楽しみながら豆を挽く、ゆっくり時間を掛けて入れて、本を読みながら、音楽を聞きながら、美味しく頂く。

 

・そんなゆったりとした時間とラグジュアリー感を楽しむものだな、と思いました。

 

・コーヒーを飲むだけの為に買うものとしては高いですが、その楽しむ時間そのものを買ったと考えると大満足です。

 

Iさん 男性 会社経営 埼玉県在住

 

・30グラムで2杯分作りました。

 

・1度淹れ方を失敗してしまって、香りやコクなどがあまりない状態になってしまいました。

 

・コーヒーメーカーを使わず、直接ドリップしました。

 

・2度目は時間をかけてゆっくり淹れてみて、やはり1度目は失敗だったことがはっきりしました。

 

・味はクセがないというのが印象です。おいしい!

 

・普段からこの価格で楽しむのは厳しいですが、 お客様用、ギフト用として最高だと思います。

 

ジャコウネココーヒー通販サイトへ